top of page

デジタル田園都市国家構想交付金の活用事例―愛知県蒲郡市



はじめに

 現在、日本全国の地方自治体で取り組みが進められている「デジタル田園都市国家構想」。安倍晋三元首相によって提唱された「地方創生」の概念に続く政策として進められているこの構想は、AI(人口知能)・IoT、ドローン(無人航空機)などのデジタル技術を活用して、地域それぞれの魅力を維持しながら地域の利便性や住民サービスの向上を目指す試みです。本ジャーナルでも、新潟県三条市のAIを活用したデマンド交通事業や静岡県袋井市のICTを使った幼稚園・認定こども園支援システムの導入、愛知県豊橋市のICTを活用した糖尿病予防の取り組みなどを紹介してきました。今回は愛知県蒲郡市の自治体独自のポイント事業について見ていきたいと思います。


蒲郡市の取り組み


 蒲郡市は愛知県南部の東三河地方に位置する自治体で、令和5年(2023年)9月の時点で約78,000人の人口を有しています。渥美半島と知多半島の2つの半島に囲われ、市の南には風光明媚な三河湾が広がり、市の一部は三河湾国定公園にも指定されている雄大な自然が特徴です。また、温暖な気候を活かしたフルーツ栽培が盛んで温室栽培と露地栽培の双方を組み合わせた「蒲郡みかん」が有名です。西浦温泉、三谷温泉、形原温泉、蒲郡温泉の4つの温泉街やリゾート施設の「ラグーナテンボス」を抱え、愛知県内でも有数の観光地としても知られています。


 この蒲郡市ではデジタル田園都市国家構想交付金を活用し、「ポイントプラットフォーム導入による市民活動促進事業」を開始しました。蒲郡市は現行の総合計画である、「第五次蒲郡市総合計画」内の「まちづくり戦略」において、「快適な⽣活環境の充実」「⽣涯活躍できる地域社会づくり」「⼈を引き寄せる持続可能な地域づくり」の3つの目標を掲げています。今回の事業ではこれらの目標の実現に向けて、蒲郡市が⾏うサービスやイベントの認知・参加を促進することやボランティア活動の参加促進と継続につなげる⽬的で、市民の行動に対するインセンティブとして汎用的に使えるポイントを付与し、市⺠の⾏動変容を促すものです。


 具体的な取り組み内容を見ていきます。蒲郡市では今回の事業に株式会社NTTデータ関西が提供しているポイントプラットフォームアプリ「アスリブ」を活用。アスリブはマイナンバーカードによる本人確認機能を有するポイントアプリで、兵庫県三木市にも導入された実績があるアプリです。蒲郡市では令和5年(2023年)10月から、ポイ活アプリ「がまポイント」の提供をスタート。ポイントは日々の活動やイベント参加によって付与され、ウォーキングをすると1日当たり1ポイント、健康・環境イベントに参加するたびに100ポイントといった形で、市民の健康増進などの行動に対するインセンティブとなっています。付与されたポイントは、Amazonギフト券などに交換することが可能です。


 蒲郡市はポイントプラットフォーム導入による市民活動促進事業に、デジタル田園都市国家構想交付金から59,860千円分の採択を受けています。また令和5年(2023年)度予算に「自治体ポイント活用推進事業費」として72,846千円を計上しており、蒲郡市議会令和5年(2023年)6月定例会で「アスリブ導入・運用委託料として65,846千円、ポイント原資として7,000千円を計上するもの」と内訳が示されています。また蒲郡市では、がまポイントの普及促進策として、蒲郡市役所や市内の各公民館などでアプリのインストールから登録、貯まったポイントの交換などの操作支援を行い、市民への浸透を目指しています。


まとめ

 高齢化に歯止めがかからない日本社会において、健康寿命の延伸などの健康増進政策は重要さを増しています。自治体による公助には限界がある中で、市民の健康行動を誘引するポイント付与の取り組みがどのような効果を生み出すのか、今後も目が離せません。グローカル社では、自治体の情報を横断して一括検索できるツール「g-Finder」を活用したトレンドを見逃さない調査サービス「g-Finderレポート」を提供しています。自治体に関する調査や、自治体への提案・入札参加をご検討の方はお気軽にお問い合わせください。



執筆者 グローカル編集部

地方創生コンサルティング、SaaS/レポートサービスを通して地域活性化を支援する、グローカル株式会社の編集部。地域活性化を目指す事例や自治体・地域企業/中小企業のDX化に向けた取り組み、国の交付金・補助金の活用例を調査・研究し、ジャーナルを執筆しています。

グローカルは、国内全体・海外に展開する地方発の事業をつくり、自立的・持続的に成長する地域経済づくりに貢献します。





出典:

蒲郡市HP:第五次蒲郡市総合計画

蒲郡市HP:ポイ活アプリ『がまポイント』が始まりました

株式会社NTTデータ関西HP:健康サポートアプリ アスリブ 西日本電信電話株式会社HP:蒲郡市・NTT西日本によるマイナンバーカード利活用推進の取り組みについて~「がまポイントアプリ」で、市民活動参加者にポイントを付与~

蒲郡市HP:第53号議案 令和5年度蒲郡市一般会計補正予算(第2号)


最新記事

すべて表示

観光・産業振興のためのeスポーツの推進ー神奈川県小田原市の取組

はじめに eスポーツ(electric sports)は、世界的に注目を集めています。近年、日本国内でも流行の兆しが見えてきており、日本のコンテンツ市場においても今後の成長産業として考えられ、様々な周辺産業への経済効果が期待されています。成長分野であるeスポーツに、小田原市として年齢・性別・障がいの有無に関係なく多くの人が楽しめるeスポーツに着目し、eスポーツを観光コンテンツとして様々な事業に取り

eスポーツでいい里づくり事業ー熊本県美里町の取組事例

はじめに 近年、eスポーツは地方自治体に、子どもから高齢者まで幅広い世代に向けた健康増進や就労支援等の領域で導入が進んでいます。eスポーツとは、「エレクトリック・スポーツ」の略で、主にコンピューターゲームやビデオゲームを使った大戦をスポーツ競技としてとらえる際の名称となっています。ゲームの特性上、年齢や性別、国籍、障害の有無に関わらず、誰もが参加できるのが特徴です。これまで本ジャーナルでも、地方自

神奈川県の子育て情報がLINEに一元化ー神奈川県の取組事例

はじめに 全国の地方自治体では、少子高齢化や人口減少の社会課題解決のための施策として、子育て支援に注力しています。子育て世代は、若い頃からスマホや携帯電話、PCに慣れ親しんでいる世代となっているため、高齢者世代に比べ自治体DXの施策は効果を発揮させていきやすいと言われています。今回紹介する神奈川県の事例は、県内在住者向けの子育て支援情報を「かながわ子育てパーソナルサポート」というLINEサービスで

Comments


bottom of page