top of page

デジタル田園都市国家構想交付金の活用事例―兵庫県たつの市

はじめに


  岸田文雄首相のマニュフェストである「新しい資本主義」を実現するための政策とされる「デジタル田園都市国家構想」。この構想はAI(人工知能)やIoT、ドローンなどのデジタル技術を活用して、地域ごとの特性や魅力を損なわないようにしながら利便性や住民サービスの向上を目指すもので、現在地域活性化を目指す地方自治体の取り組みの柱となっています。本ジャーナルでも力を入れて特集を続けており、三重県恵那市のスマートスピーカーを活用した高齢者の見守り事業愛知県安城市の窓口DXの取り組み大阪府豊中市の住民一人ひとりの防災行動計画である「マイ・タイムライン」の作成を支援するツールの導入などの、ユニークな取り組みの数々を取り上げてきました。今回は兵庫県たつの市の取り組みについて紹介していきたいと思います。



たつの市の取り組み


 たつの市は兵庫県の南西部に位置している自治体で、令和5年(2023年)11月の時点で約71,000人の人口を有しています。平成17年(2005年)に龍野市、新宮町、揖保川町、御津町も1市3町が合併することで、誕生しました。市中心部の龍野町は武家屋敷や白壁の土蔵が今なお残る風情豊かな街並みを誇り、「播磨の小京都」の異名でも知られています。また瀬戸内海国立公園にも属し、約1kmにわたって東西に広がるビーチに夏場は多くの海水浴客が訪れることで知られる新舞子浜や西播丘陵県立自然公園の一部にもなっている鳥籠山など、豊かな自然環境に恵まれた自治体としても知られています。


 今回、このたつの市ではデジタル田園都市国家構想交付金を活用して「市⺠にやさしい『書かない』デジタル⾏政窓⼝推進事業」に乗り出しました。たつの市では、「たつの市 デジタル・トランスフォーメーション(DX)推進基本方針」を定めて、市が進めるDX化の筋道を示しています。この基本方針の中で書かない窓口や行かなくていい窓口に関するシステム研究会を設けて、導入に向けた各課の意向や導入後に想定される効果、導入の進め方について議論を進めてきたことが明らかになっています。


 続いて、たつの市が具体的にどのようなシステムを導入するのかについて見ていきたいと思います。まず、1つ目は手続き案内機能の実装です。職員が市役所に来庁した市民に聞き取りを行い、申請書作成支援システムによって必要な手続をまとめて市民に向けて案内し、市民がスムーズに手続きを終えられるようにサポートするシステムとなっています。次に2つ目が申請書作成⽀援システムです。異動や住民票・税務証明書などの交付、印鑑証明の登録などを受け付ける各種窓⼝にシステムを導⼊。マイナンバーカードなどを読み取ることで申請書作成支援システムが自動的に申請書を作成し、来庁者は作成された申請書の内容を確認するだけで手続きが完了します。申請書などを書く手間が省かれ、⼿続に要する時間が削減されることが期待されます。


 また、おくやみ相談窓⼝の設置にも着手します。通常、手続きに時間を要してしまい、⾝体的かつ精神的にも負担の⼤きいおくやみに関連する⼿続を可能な限りワンストップ化することで市民の負担軽減に取り組むとしています。


 たつの市では今回の事業にデジタル田園都市国家構想交付金から18,572千円分の採択を受けています。また令和5年(2023年)予算にも「書かない窓口サービス」を提供する総合窓口設置事業を含む、業務デジタル化推進事業に10,602千円を計上しています。令和5年(2023年)10月からのサービス開始を前に9月に庁内研修を開催。申請書作成支援システムの操作研修や具体的な事務フロー、実運用を想定した動きについて体験する機会を設け、職員へ周知する機会を設けています。10月から予定通りに手続き総合案内などの書かない窓口サービスの提供を開始しており、今後どのような成果を上げるのかに注目が集まります。



まとめ


 書かない窓口の構築をはじめとした窓口DXは、冒頭にご紹介した愛知県安城市も含めて多くの自治体が進めている、最もホットな取り組みの1つとなっています。今後も国の交付金などが活用できるタイミングで同様の取り組みを進める自治体が現れる可能性は少なくないのではないでしょうか。


 グローカル社では、自治体の情報を横断して一括検索できるツール「G-Finder」を活用したトレンドを見逃さない調査サービス「G-Finderレポート」を提供しています。自治体に関する調査や、自治体への提案・入札参加をご検討の方はお気軽にお問い合わせください。



執筆者 グローカル編集部

地方創生コンサルティング、SaaS/レポートサービスを通して地域活性化を支援する、グローカル株式会社の編集部。地域活性化を目指す事例や自治体・地域企業/中小企業のDX化に向けた取り組み、国の交付金・補助金の活用例を調査・研究し、ジャーナルを執筆しています。

グローカルは、国内全体・海外に展開する地方発の事業をつくり、自立的・持続的に成長する地域経済づくりに貢献します。






出典:

たつの市HP:~デジタル技術で市民の利便性向上と職員の業務改善~西播磨初!「書かない窓口」サービスを提供

たつの市HP:たつの市デジタル・トランスフォーメーション(DX) 推進基本方針

たつの市HP:令和5年度たつの市当初予算(案)の概要

内閣官房デジタル田園都市国家構想実現会議事務局・内閣府地方創生推進事務局HP:デジタル田園都市国家構想交付金(デジタル実装タイプ)交付対象事業の概要 分野・都道府県別(令和4年度第2次補正予算)兵庫県

最新記事

すべて表示

全国初の自治体窓口DXSaaS実装!和歌山県紀の川市の事例

はじめに ニュースや書籍などで目にすることも多くなってきたDX(デジタル・トランスフォーメーション)という言葉。国では令和2年(2020年)に閣議決定された「世界最先端デジタル国家創造宣言・官民データ活用推進基本計画」において、「将来の成長、競争力強化のために、新たなデジタル技術を活用して新たなビジネスモデルを創出・柔軟に改変すること」と定義しています。このDX化の波は留まることを知らず、今や官民

地方創生と群馬のブランド力向上のためのeスポーツの推進ー群馬県の取組事例

はじめに 近年、eスポーツは地域産業の活性化や高齢者福祉、地域コミュニティの活性化に繋がるコンテンツとして地方自治体から注目が集まっています。ゲームの特性上、年齢や性別、国籍、障がいの有無に関わらず、誰もが参加できるツールとして導入が進んでいます。これまで神奈川県横須賀市、東京都西東京市や荒川区の取組みを取り上げてきましたが、今回は群馬県が取り組む地方創生や群馬のブランド力向上のためにeスポーツを

デジタル田園都市国家構想交付金の活用事例―奈良県生駒市Pt.2

はじめに 現在、日本全国の地方自治体によって取り組みが進められている「デジタル田園都市国家構想」。この構想はAI(人工知能)やIoT、ドローン(無人航空機)などの最新のデジタル技術を活用して、地域それぞれの魅力や特性を損なわないようにしながら利便性や住民サービスの向上を目指すものです。この構想を実現するため「デジタル田園都市国家構想交付金」制度も創設され、交付金を活用して地域活性化や地方創生を図る

bottom of page