top of page

注目集めるチャットGPT 自治体・地方創生での活用は



はじめに

 アメリカのOpenAIが対話型AIチャットボット「チャットGPT」が令和4年(2022年)11月に公開し、文章の生成や質問への回答、翻訳など様々なことに活用でき、その性能や便利さから注目を集めています。近年、人手不足や働き方改革の必要性が叫ばれて久しい中で、従業員の業務負担軽減や作業効率の向上を狙い大和証券やパナソニックホールディングスなどの民間企業ではチャットGPTの一部業務への活用が始まっています。一方、国や地方自治体では機密情報や個人情報を多く取り扱うため導入に向けた動きが鈍いかと思いきや、既に導入していたり、今後の導入に向けた検討したり、進める動きが目立っており、地方創生に役立てようとしています。今回はチャットGPTを活用している自治体、検討をしている自治体の動きやどのようなシーンで活用しているかなどをご紹介したいと思います。


チャットGPTを巡る自治体の動き

 既に導入している自治体の代表例が神奈川県横須賀市です。横須賀市では業務の効率化を狙い、令和5年(2023年)4月に全国の自治体で初となる全庁でのチャットGPT試験導入を開始しました。1か月間の試験導入の結果、約8割の職員が「仕事の効率が上がる」「利用を継続したい」とアンケートに回答し、チャットGPTの本格実装が令和5年(2023年)6月から始まっています。


 では横須賀市で具体的にどのように利用されているのでしょうか。1つ目は横須賀市庁内や市民向け文書の作成です。担当する職員の業務習熟度にもよりますが、文書作成の所要時間が半分~数分の1に短縮できる可能性があるとしています。これまでは制度や過去文献の下調べなどに時間を要していましたが、チャットGPTを用いることで大幅に時間を短縮できるとのことです。2つ目はチャットGPTの回答をたたき台として活用した政策立案や政策を浸透させる標語・スローガンのアイデア出しなどへの活用です。推進すべき政策や広報するキャッチコピーなどをチャットGPTに尋ねると、網羅的な回答を得られるためアイデア出しの道具として有用性を感じているとのことです。


 他の自治体ではどのような動きをしているか見ていくと、茨城県つくば市でも横須賀市と同様に令和5年(2023年)4月から業務への導入が始まり、地元の筑波大学の協力を得てAIが文章生成で参考にしたと考えられる資料や出典を示す機能も追加するなど、独自の発展を遂げています。


 東京都では令和5年(2023年)4月に小池百合子都知事が記者会見で活用を検討する旨の発言をし、東京都庁内のデジタルサービス局でプロジェクトチームを立ち上げて利用上のルールなどを検討していくとしています。東京都内では江戸川区が令和5年(2023年)7月に業務でのチャットGPTの利用を23区で初めて解禁しています。また福井県と福井県内の17自治体は中日新聞の取材に対して、「利用に前向きだ」と6割以上の自治体が回答しており、福井県と越前市、勝山市では既に導入されています。


まとめ

 チャットGPTは2022年(令和4年)11月に公開され、情報漏洩の恐れがあるなど利用に一定のリスクがあるにも関わらず翌2023年(令和5年)には多くの自治体が導入の動きを見せるなど急速に普及が進んでいます。まさに自治体にとってまさにトレンドの中心になっていると言えるでしょう。このような自治体のトレンドを見逃さないよう、グローカル社では、自治体の情報を横断して一括検索できるツール「G-Finder」を活用した調査サービス「G-Finderレポート」を提供しています。自治体に関する調査や、自治体への提案・入札参加をご検討の方はお気軽にお問い合わせください。



執筆者 グローカル編集部

地方創生コンサルティング、SaaS/レポートサービスを通して地域活性化を支援する、グローカル株式会社の編集部。地域活性化を目指す事例や自治体・地域企業/中小企業のDX化に向けた取り組み、国の交付金・補助金の活用例を調査・研究し、ジャーナルを執筆しています。

グローカルは、国内全体・海外に展開する地方発の事業をつくり、自立的・持続的に成長する地域経済づくりに貢献します。





出典:

<共同通信:横須賀市、チャットGPT試験導入全国自治体で初>

<横須賀市HP:ChatGPTの全庁的な活用実証の結果報告と今後の展開(市長記者会見)(2023年6月5日)>

<日経クロステック:横須賀市・つくば市が全面導入、ChatGPTは人手不足に悩む自治体の救世主になるか>

<日本経済新聞:江戸川区、チャットGPTを解禁文章要約・情報整理に23区で初>

<朝日新聞:東京都もChatGPT導入検討へPT設けルール作り>

<中日新聞:県内自治体、チャットGPTの業務利用に6割超が前向き>

最新記事

すべて表示

観光・産業振興のためのeスポーツの推進ー神奈川県小田原市の取組

はじめに eスポーツ(electric sports)は、世界的に注目を集めています。近年、日本国内でも流行の兆しが見えてきており、日本のコンテンツ市場においても今後の成長産業として考えられ、様々な周辺産業への経済効果が期待されています。成長分野であるeスポーツに、小田原市として年齢・性別・障がいの有無に関係なく多くの人が楽しめるeスポーツに着目し、eスポーツを観光コンテンツとして様々な事業に取り

eスポーツでいい里づくり事業ー熊本県美里町の取組事例

はじめに 近年、eスポーツは地方自治体に、子どもから高齢者まで幅広い世代に向けた健康増進や就労支援等の領域で導入が進んでいます。eスポーツとは、「エレクトリック・スポーツ」の略で、主にコンピューターゲームやビデオゲームを使った大戦をスポーツ競技としてとらえる際の名称となっています。ゲームの特性上、年齢や性別、国籍、障害の有無に関わらず、誰もが参加できるのが特徴です。これまで本ジャーナルでも、地方自

神奈川県の子育て情報がLINEに一元化ー神奈川県の取組事例

はじめに 全国の地方自治体では、少子高齢化や人口減少の社会課題解決のための施策として、子育て支援に注力しています。子育て世代は、若い頃からスマホや携帯電話、PCに慣れ親しんでいる世代となっているため、高齢者世代に比べ自治体DXの施策は効果を発揮させていきやすいと言われています。今回紹介する神奈川県の事例は、県内在住者向けの子育て支援情報を「かながわ子育てパーソナルサポート」というLINEサービスで

コメント


bottom of page