top of page

地域中小企業のDX推進に向けたさいたま商工会議所の取り組み



はじめに

 地方の中小企業におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進が、地域経済の活性化と企業競争力の向上に大きな可能性を秘めています。近年、急速な技術の進化により、DXは企業経営において不可欠な要素となりつつあります。それに伴い、地方の中小企業もDXの重要性に気づき、積極的な取り組みを始めています。


ただし、地方の中小企業がDXを進めるためには、いくつかの課題があります。まず、技術の導入やデータの活用に関する知識やノウハウが不足していることが挙げられます。また、中小企業は限られた予算と人材で運営しているため、DXへの投資や人材育成には慎重な判断が求められます。こうした課題を乗り越えるためには、関連団体やパートナー企業との協力が重要です。本稿では、さいたま市を事例にパートナー企業との連携による中小企業のDX化推進事例を見ていきましょう。


さいたま市の事例

 さいたま市の中小企業を支えるさいたま商工会議所では、地域の中小企業における「人手不足」「デジタルリテラシー不足(後継者の高齢化)」等を理由として、中小企業のDX化が遅れていることが課題となっていました。そこで、さいたま商工会議所はNTT東日本と協業し、中小企業にニーズの高い「RPA」※₁「OCR」※₂「クラウドストレージ」※₃「サポート」※₄のDXソリューションを、さいたま商工会議所にてパッケージ化・提供する支援を行い、中小企業へDX普及を行う仕組みを作りました。

 さらに、業務代行支援として、地域の中小企業に対するコンサルティング活動を通じたDXパッケージの普及活動、ウェビナー等によるDX啓蒙活動ならびに、商工会議所様の所内業務のDX化(業務効率化)推進等について取り組んでいます。 これらDX化を推進するツール・ソフトは「SAI-デジ」として整備され、令和3年(2021年)10月1日より提供を開始しています。


このような一連の取り組みはさいたま市、さいたま商工会議所、NTT東日本で締結された「さいたま市における地域のデジタル化推進に向けた連携に関する協定書」(令和2年 (2020年)9月24日)に基づき、「身の丈IT支援事業」として「SAI-デジ」の導入のみならず、 ITのコーディネーター等が中小企業を訪問し、各企業の課題解決に資する最適なITツールの導入提案(コンサルティング)・実装支援を行う「身の丈IT診断」、「身の丈IT診断」により提案したITツール等のアフターフォローを行うとともに、ITに係る新たな課題の抽出、解決策の提案を継続的にサポートする体制も整備されています。




※₁「RPA」サービスはWindows端末上のさまざまな業務を自動化でき、作業時間や人的コストの削減、業務の品質向上を図ることができます。トライアルでは従来の47%~83%の作業時間削減を実現しました。


※₂「OCR」は手書き書類や帳票の文字読み取りを行い、データ化するAI技術を使ったサービスです。 大量の書類のデータ化により帳票処理業務の稼働を削減することができ、ディープラーニング、住所DB等を用いた補正による高い識字率(トライアルでは96%以上の識字率)を実現しています。


※₃「ストレージ」は従来のファイルサーバやNASと変わらない運用を実現し、安全にインターネットを介してどこからでも利用できるクラウドストレージサービスです。慣れ親しんだデスクトップと同じ感覚で使える高い操作性が特長で、大切なデータは強固な情報セキュリティ対策のもと国内にて保管しています。


※₄「サポート」はパソコンなどのIT機器・ソフトウェアの使い方からトラブルまで、まとめてサポートします。トラブルの発生状況に応じて、訪問での故障箇所の特定や代替機の貸し出しも可能なので、オフィスのトラブル時だけでなく、テレワーク環境等でのトラブル時のサポートを受けることができます。

まとめ

 商工会議所のような地域の中小企業会員を抱える団体を支援する活動(業務代行支援)を通じて、地域のDX化を推進することは非常に重要な取り組みです


 グローカル社では、このような自治体の情報を横断して一括検索できるツール「g-Finder」を活用した調査サービス「g-Finderレポート」を提供しています。自治体への提案や入札参加をご検討の方はお気軽にお問い合わせください。



執筆者 グローカル編集部

地方創生コンサルティング、SaaS/レポートサービスを通して地域活性化を支援する、グローカル株式会社の編集部。地域活性化を目指す事例や自治体・地域企業/中小企業のDX化に向けた取り組み、国の交付金・補助金の活用例を調査・研究し、ジャーナルを執筆しています。

グローカルは、国内全体・海外に展開する地方発の事業をつくり、自立的・持続的に成長する地域経済づくりに貢献します。





出典:

<さいたま商工会議所HP:DXツール SAI-デジ>

<NTT 東日本HP:地域の中小企業におけるDX推進に向けたNTT東日本とさいたま商工会議所との協業について>

<さいたま商工会議所HP:さいたま市における地域デジタル化推進に向けた 「身の丈IT支援事業」の開始について>

最新記事

すべて表示

eスポーツでいい里づくり事業ー熊本県美里町の取組事例

はじめに 近年、eスポーツは地方自治体に、子どもから高齢者まで幅広い世代に向けた健康増進や就労支援等の領域で導入が進んでいます。eスポーツとは、「エレクトリック・スポーツ」の略で、主にコンピューターゲームやビデオゲームを使った大戦をスポーツ競技としてとらえる際の名称となっています。ゲームの特性上、年齢や性別、国籍、障害の有無に関わらず、誰もが参加できるのが特徴です。これまで本ジャーナルでも、地方自

神奈川県の子育て情報がLINEに一元化ー神奈川県の取組事例

はじめに 全国の地方自治体では、少子高齢化や人口減少の社会課題解決のための施策として、子育て支援に注力しています。子育て世代は、若い頃からスマホや携帯電話、PCに慣れ親しんでいる世代となっているため、高齢者世代に比べ自治体DXの施策は効果を発揮させていきやすいと言われています。今回紹介する神奈川県の事例は、県内在住者向けの子育て支援情報を「かながわ子育てパーソナルサポート」というLINEサービスで

デジタル田園都市国家構想交付金の活用事例―和歌山県御坊市

はじめに AI(人口知能)やIoT、ドローン(無人航空機)などの最新のデジタル技術を活用して、地域ごとの魅力や特性を損なわないようにしながら利便性や住民サービスの向上を目指す「デジタル田園都市国家構想」。岸田文雄首相が開始した政策で、現在地方創生や地域活性化に向けて取り組む自治体の政策の柱となっています。「デジタル田園都市国家構想交付金」制度も創設され、全国の地方自治体がこの交付金を活用して、様々

Comments


bottom of page