top of page

デジタル田園都市国家構想交付金の活用事例―石川県金沢市Pt.2



はじめに

 岸田文雄首相によって掲げられた「デジタル田園都市国家構想」。これまでの「地方創生」に次ぐこの構想は、デジタル技術を活用して地方部の地域活性化や利便性の向上を目指すものです。本ジャーナルでも力を入れて取り上げており、これまでも神奈川県箱根町の救急通報の際にスマートフォンを介した映像中継をすることで情報収集に役立てるシステムの導入事例を紹介してきました。今回は石川県金沢市のデジタルミュージアム構築に向けた動きについて見ていきたいと思います。


金沢市の取り組み

 金沢市は石川県のほぼ中央に立地している自治体で、言わずと知れた石川県の県庁所在地です。令和5年(2023年)8月の時点で約445,000人の人口を抱える石川県内で最も人口規模の大きい自治体でもあります。「加賀の小京都」の異名で知られている都市で、金沢城の周辺に広がる城下町や茶屋街は趣のある風情を残した姿を保っており、この歴史や文化を目的に多くの人が訪れる一大観光地となっています。また本ジャーナルでも取り上げたデジタル人材の育成デジタル田園都市国家構想交付金を活用して取り組んでいる航空レーザーによるスマート林業事業など、行政が積極的にデジタル技術を取り入れた施策を行っているところも特徴的な自治体です。


 この金沢市では先ほど挙げたスマート林業以外にも、デジタル田園都市国家構想交付金から複数の採択を受けています。その中でも特徴的なのが「⾦沢市デジタルミュージアム構築事業」です。金沢市は、藩政時代から脈々と受け継がれてきた芸能や芸術、工芸品類を有する都市です。デジタル技術を活用して、あらゆる世代が文化に理解と関心を持てる機会を創出しようと始まったのが、このデジタルミュージアム構築事業です。金沢市のデジタル化に関する方向性を定めた「金沢市デジタル戦略2.0」にも「市文化施設の所蔵品公開のためのデジタルミュージアム構築検討」として記載があり、また令和5年(2023年)3月には「金沢市デジタルミュージアム構想」を制定。デジタルミュージアムの構築に向けて継続的に取り組んできました。


 続いて、デジタルミュージアムの内容を見ていきましょう。「デジタルアーカイブの整備」、「デジタルミュージアムの構築」、「運営体制の検討」の三本柱で事業を行っていくとしており、デジタルアーカイブの整備では所蔵品など、資料のデジタル化を進めます。デジタルミュージアムの構築では所蔵品の検索や発信をできるサイト制作に取り組むとし、運営体制の検討はDAO(分散型自律組織)などの手法を用いて運営していくことを検討するとしています。金沢市では令和5年(2023年)度に「デジタルミュージアム構築事業費」として36,900千円を計上しており、デジタル田園都市国家構想交付金にも同額の36,900千円分の採択を受けています。

 金沢市は令和5年(2023年)の3月から5月にかけて、かなざわデジタルミュージアムのデモサイトを公開しました。PCでの閲覧のほか、スマートフォンやタブレットからも所蔵品を手元で楽しめるARを中心に学芸員のおすすめ作品を鑑賞することができ、100年以上前の貴重なレコード音源も聴くことが可能です。また「金沢市デジタルミュージアム構築業務委託に係る公募型プロポーザル」が実施され、株式会社A440が受託候補者として選定されました。今後、より本格的に事業が進んでいくことが予想されます。


まとめ

 金沢市ではデジタルミュージアムの構築に関して、長年に渡って取り組む意向を計画類などで示し続けてきました。金沢市のように、かねてから取り組む意向を示していた事業にデジタル田園都市国家構想交付金を活用して取り組む事例が数多く見られています。このような事例を見逃さずに自治体からの案件を獲得するためには、自治体から発されるメッセージを拾い集めていく必要があると言えるでしょう。


 グローカル社では、自治体の情報を横断して一括検索できるツール「G-Finder」を活用したトレンドを見逃さない調査サービス「G-Finderレポート」を提供しています。自治体に関する調査や、自治体への提案・入札参加をご検討の方はお気軽にお問い合わせください。



執筆者 グローカル編集部

地方創生コンサルティング、SaaS/レポートサービスを通して地域活性化を支援する、グローカル株式会社の編集部。地域活性化を目指す事例や自治体・地域企業/中小企業のDX化に向けた取り組み、国の交付金・補助金の活用例を調査・研究し、ジャーナルを執筆しています。

グローカルは、国内全体・海外に展開する地方発の事業をつくり、自立的・持続的に成長する地域経済づくりに貢献します。





出典:

<金沢市HP:金沢市デジタル戦略2.0>

<金沢市HP:金沢市デジタルミュージアム構想>

<金沢市HP:金沢市予算概要(当初予算及び補正予算)2. 部門別主要事業5.文化スポーツ部門>

<金沢市HP:金沢市デジタルミュージアム構想>

<内閣官房デジタル田園都市国家構想実現会議事務局・内閣府地方創生推進事務局HP:デジタル田園都市国家構想交付金交付対象事業の概要 石川県>

最新記事

すべて表示

eスポーツでいい里づくり事業ー熊本県美里町の取組事例

はじめに 近年、eスポーツは地方自治体に、子どもから高齢者まで幅広い世代に向けた健康増進や就労支援等の領域で導入が進んでいます。eスポーツとは、「エレクトリック・スポーツ」の略で、主にコンピューターゲームやビデオゲームを使った大戦をスポーツ競技としてとらえる際の名称となっています。ゲームの特性上、年齢や性別、国籍、障害の有無に関わらず、誰もが参加できるのが特徴です。これまで本ジャーナルでも、地方自

神奈川県の子育て情報がLINEに一元化ー神奈川県の取組事例

はじめに 全国の地方自治体では、少子高齢化や人口減少の社会課題解決のための施策として、子育て支援に注力しています。子育て世代は、若い頃からスマホや携帯電話、PCに慣れ親しんでいる世代となっているため、高齢者世代に比べ自治体DXの施策は効果を発揮させていきやすいと言われています。今回紹介する神奈川県の事例は、県内在住者向けの子育て支援情報を「かながわ子育てパーソナルサポート」というLINEサービスで

デジタル田園都市国家構想交付金の活用事例―和歌山県御坊市

はじめに AI(人口知能)やIoT、ドローン(無人航空機)などの最新のデジタル技術を活用して、地域ごとの魅力や特性を損なわないようにしながら利便性や住民サービスの向上を目指す「デジタル田園都市国家構想」。岸田文雄首相が開始した政策で、現在地方創生や地域活性化に向けて取り組む自治体の政策の柱となっています。「デジタル田園都市国家構想交付金」制度も創設され、全国の地方自治体がこの交付金を活用して、様々

Comments


bottom of page